ボルマン理論戦略で億トレーダーへ      秒速スキャルピングツールの最終兵器    【Hyper Click Billionaire Scalping】      これまでとは次元の違うスキャルピングトレードを体感してください












「Hyper Click Billionaire Scalping」シリーズ 商品ラインナップ


※ご購入いただく前に
【Q】&【A】及び
投資に係るリスク、注意事項、免責事項
のページは必ずお読みください。

【Hyper Click Billionaire Scalping】
新バージョン体感フェア

2018年版(Ver02)は完成度を極めた最強バージョンです。
これまで気になっていた方は、是非この機会にご検討ください。

【2018年版新バージョン(Ver02)の主なポイント】
・CPU使用率の改善により、軽い動作を実現
・自動エントリー機構の改良により、相場への追随性が向上
・ボタン操作や状態表示、設定ウインドウの改良等、機能の大幅向上
・【実践トレード編】など、マニュアルの充実(現在100ページ!)

(販売戦略に長けた)巷の売れ筋スキャルピングツールとは違い、
貴殿にとって、本システムとはこれから長い付き合いになる筈です。



Hyper Click Billionaire Scalping
新バージョン体感フェア特別記念価格:33,333円

シリーズ中では、必要最小限の機能に限定したバージョンになりますが、特にトレード経験値の浅い方におかれましては、本システムの真髄を十分に体験していただけるシステム構成となっております。







Hyper Click Billionaire Scalping SP(スペシャルバージョン)
新バージョン体感フェア特別記念価格:55,555円

SP(スペシャル)バージョンでは、自動エントリー機能を付加しております。

シグナル発生時には手動よりも確実に早いタイミングでのエントリーが可能になりますので、エントリーを自動で行ってチャンスを逃さないようにし、後は裁量を徹底的に磨いていきたいという方にお勧めのバージョンです。

※本システムの売買戦略上、完全なほったらかし運用はお勧めできませんので、“自動売買”ではなく、あえて“自動エントリー”とさせていただきました。








Hyper Click Billionaire Scalping EX(エクストラバージョン)
新バージョン体感フェア特別記念価格:77,777円


EX(エクストラ)バージョンでは、SPバージョンの自動エントリー機能に加え、Hyper Click FXと同様、MT4 EA、インジケーターのシグナルをクリック信号に変換して一般的な国内業者(GMOクリック、DMM.com、JFX等)のシステムに自動発注を出せる機能を付加しており、まさにハイテクの塊となっております。

※ ただし、1通貨ペア限定となりますので、複数通貨(3通貨ペアまで)での同時運用をされる場合は、Hyper Click FXの方をご検討ください。又、MT4シグナル受信モードではティックチャートを停止させる必要がありますのでその点ご了承ください。
(あくまで、ツールとしてご利用いただけます)

なお、EXバージョンでは、インジケーター自動売買化EA(HyperSignTrader)も付属しておりますので、Hyper Click FXをお持ちでない方には大変お勧めのバージョンとなっております。
(自動売買化できないインジケーターもありますので、サンプル版でお試しください)








(注)本システム販売終了時には、予告、告知等を一切行いませんのでご注意ください。

ダウンロード版 手順書PDF2ページ
ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから手順書をダウンロードして下さい。
手順に従いメンバーページから、商品本体をダウンロードして下さい


銀行振り込み、クレジットカード決済、BitCash決済、
郵便振替、コンビニ振替、よりご選択頂けます。







【投資に係るリスクおよび手数料について】

当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。



※この商品は以下の商品群から成り立っております。
エクセルシステム(エクセル2002以降のバージョンに対応(64ビット版未対応))、PDFマニュアル(合計100ページ)、付属スクリプト、インジケーター、自動売買化EA等、
又、マニュアル、インジケータ類はダウンロード商品になりますので決済確認後すぐご覧いただけるようになっておりますが、システム本体(エクセルファイル)につきましては、別途、個別にIDを埋め込んで送信させていただきます。